当サイトは記事内に広告を含む場合があります。

二十四節気

二十四節気

女の子の成長を祝う雛祭り、雛人形はいつ出す?片付ける?飾り方は?

3月3日は雛人形を飾って女の子の成長を祝う雛祭り。日本では桃の節句と呼ばれています。もとは中国の暦では上巳の節句とされ、そこから派生した行事が今日の雛祭りとなっています。
二十四節気

二十四節気・徐々に春の訪れを感じ始める雨水の七十二侯や行事

雨水とは、寒さが和らぎ雪から雨に変わり、水の温度も暖かくなり、様々な植物の新しい芽吹きが始まる頃を表す節気です。二十四節気の二節気となります。徐々に春らしい季節感が感じられる頃となります。
二十四節気

二十四節気・旧暦では新年の始まりの立春の七十二侯や行事

立春という名の通り、春の始まりであり、旧暦では新年の始まりの一月(正月)となります。二十四節気の一節気となり節気の一番最初です。暦の上では春とは言え、実際には一年で一番寒さの厳しい頃となりますが、徐々に寒さも和らぎ春の気配も感じられるようになります。
二十四節気

二十四節気・大寒の七十二侯や行事、暦上は冬の最後

大寒という名の通り、一年で一番寒い時期になりやすいことを表しています。二十四節気となり節気の一番最後で、次の節気は立春となり新しい一年、春の始まりとなります。現在の1月20日から2月3日頃にあたります
二十四節気

二十四節気・正月の余韻残る小寒の七十二侯や行事

正月の松の内が過ぎた頃ですが、冬の寒さはこれからが本格化してきます。旧暦では12月の師走にあたり晩冬になります。二十三節気となります。現在の1月5日から1月19日頃にあたります。
二十四節気

二十四節気・一年で一番昼が短い冬至の七十二侯と行事

太陽の南中高度が最も低くなり、昼の長さが一年で最も短くなる日です。冬至を過ぎると徐々に昼の長さが長くなっていきますが、冬の寒さはこれからが本格化していきます。二十二節気となります。現在の12月22日から1月4日頃にあたります。
二十四節気

二十四節気・年末の慌ただしさを感じ始める大雪の七十二侯や行事

冬の到来が日増しになり冷たい北風が吹きすさぶようになり日本海側では大雪が降ることも増えてきます。二十一節気となります。現在の12月7日から12月21日頃にあたります。
二十四節気

二十四節気・北風が吹き冬の気配が強まる小雪の七十二侯や行事

冬の典型的な気圧配置である西高東低の気圧配置が見られるようになり、風も北風が吹き始めます。日本海側では初雪が見られることも。冬支度を始めだす頃となります。二十節気となります。
二十四節気

二十四節気・冬の始まり立冬の七十二侯や行事

旧暦では10月にあたる神無月からが冬の季節の始まり。木々の色づきも最高潮を迎え、散り始めも。日に日に気温も下がっていき、冬の到来を感じ始める頃となります。十九節気となります。
二十四節気

二十四節気・さわやかな秋らしい日の霜降の七十二侯や行事

朝晩の気温がさらに冷え込むようになると朝露が霜となります。露から霜になり始める頃がちょうど霜降の頃となります。十八節気となります。現在の10月23日から11月6日頃にあたります(暦により前後することがあります)