当サイトは記事内に広告を含む場合があります。

立秋、まだまだ夏真っ盛りですがお盆の行事や盆踊り大会も

二十四節気

四季の違いがはっきりしている日本。そして、昔から二十四節気と七十二侯といった自然と寄り添った生活に関する言葉があります。そのような季節の移ろいを感じながら、少しでも日々の生活を楽しめたらと思います。

立秋

暦の上では秋の始まり。十三節気となります。秋の季節の最初の節気。まだまだ暑い日が続き、秋の気配が感じられるのはかなり先のことです。立秋以降の暑さは残暑と表現される。

現在の8月7日から8月22日頃にあたります(暦により前後することがあります)

暦の上では秋といっても、まだまだ暑い日が続き、夏真っ盛りを感じる頃。子供たちは夏休み中ということもあり、海水浴や旅行に出かける家族でにぎわったり、各地の夏祭りや花火大会で夏を満喫できる頃ですね。そして、夏の風物詩ともいわれる甲子園での高校野球も始まる頃です。

涼風至

すずかぜいたる。三十七侯にあたります。立秋の初侯。

期間

8月7日から8月11日。

侯の意味

秋の涼しい風が吹き始めるころという意味であるが、実際にはまだまだ暑い日が続く。

寒蝉鳴

ひぐらしなく。三十八侯にあたります。立秋の次侯。

期間

8月12日から8月17日。

侯の意味

蜩(ひぐらし)が鳴き始めるころ。夕方ごろに鳴くヒグラシの鳴き声が気になり始める頃で、なんとなく夏の終わりのさみしさを感じる。しかし、実際にはヒグラシは夏の早い段階から鳴き始めていて、夏の終わりに鳴き始めるわけではありません。

ヒグラシの鳴き声が聞こえるようになると夏が終わりに近づいたようで寂しさが感じられますね。

蒙霧升降

のうむしょうこうす。三十九侯。立秋の末侯。

期間

8月18日から8月22日。

侯の意味

深い霧が立ち込めるころ。昼間の暑さは変らないが、朝夕の涼しさが少し感じ始め出す頃で、山や水辺では霧が立ち込める風景が見られるようになる。

立秋の行事

残暑見舞い

立秋を過ぎれば暦の上では秋となります。立秋までは暑中見舞いでしたが、立秋以降は残暑見舞いということになります。暦では秋とはいえ、まだまだ夏真っ盛りの暑い日々が続き、日々過ごすには体力的にも大変な時期でもありますので、残暑見舞いの便りには先方の体調を気遣う文言を入れておくと気の利いた便りとなります。また、便りだけでなく直接先方を訪ねることも残暑見舞いとなります。暑中見舞いと違い期限は特にありませんが、8月末までが一般的な残暑見舞いの期間と考えられます。

立秋を過ぎれば秋。暑い日々が続きますが夏の残りの暑さという考え方なんですね。

灯篭流し

死者の霊を弔うために、お盆のお供え物と共に灯篭を川などに流す風習を灯篭流し、または精霊流しという地域もあります。お盆の期間に帰ってきた魂を再び帰す行事で、お盆のお供え物も一緒に流す慣わしですが、最近は環境問題の観点から、ある一定の区間だけ形式的に流し、その区間を過ぎれば回収することが多くなってきています。お盆の最後に行われる送り火と起源は同じ考えとされます。

お盆

仏教用語でいう「盂蘭盆会(うらぼんえ)」のことで、一般的には8月13日から15日(16日と考えるところも)の期間であるが、本来は旧暦の7月に行われていたものを現在も旧暦の7月にあたる上記の期間に行われている。8月13日に先祖の霊を向かい入れ仏壇にお供え物と一緒に祀り、15日の夕方に送り出す。この先祖の霊を送り出す行事として、灯篭流しや送り火という慣わしがある。

盆踊り

起源は鎌倉時代の一遍上人が広めた踊念仏とされる。お盆の時期に迎えた先祖の霊を慰め、また送り返す儀式と現世を生きる喜びと感謝や災厄を祓う願いなどを込めて各地で踊り始められたものと考えられる。阿波踊りや、郡上踊り、おわら風の盆なども盆踊りから生まれたものである。

五山の送り火

お盆に帰って来ていた先祖の霊を送り返すための送り火の行事。京都五山の送り火は、京都市内を囲む東側と北側の山で巨大な文字や絵を形どった火文字。よく知られているのは東山如意ヶ嶽の大文字焼。他にも、左大文字・妙・法・舟形・鳥居形があるが、妙と法はセットとされ全部で五つと数えられている。

立秋に行われる祭り

仙台七夕

宮城県仙台市で行われる七夕祭りで東北三大祭りの一つ。8月6日から8日にかけて行われ、旧暦の7月7日頃に行われている。全国的に衰退していた七夕祭りを仙台の商人らが中心になって復活したとされます。東北地方でよく見られる眠り流しの一種で、一般的な七夕飾りとは異なり、大きなくす玉と長い吹き流しを組み合わせた豪華で特有の七夕飾りで様々な七夕飾りが仙台中に飾られ、それを目当てに観光客も訪れる。

阿波踊り

先祖の霊を慰める盆踊りが起源とされる。連と呼ばれるグループで構成され、「えらいやっちゃえらいやっちゃ、よいよいよいよい」と掛け声を掛けながら、三味線、鐘、鼓の伴奏で町中を踊り歩く。

この頃の生き物・食べ物

植物

  • ほおずき

食べ物

この頃のことば

  • 蝉しぐれ・・・樹木の多いところでは多くの蝉が一斉に鳴く様子を時雨が降る様子に例えて蝉しぐれと言われます。太陽が照り付ける暑い夏を際立たせて、聞いているだけで暑さを感じますが、同時に夏の情景を演出するBGMのようでもあり、風物詩でもあります。

この頃に使える時候の挨拶

  • 立秋とは名ばかりの暑い日が続いておりますが、
  • 暦に上では秋というのに、

タイトルとURLをコピーしました