当サイトは記事内に広告を含む場合があります。

二十四節気・正月の余韻残る小寒の七十二侯や行事

二十四節気

四季の違いがはっきりしている日本。そして、昔から二十四節気と七十二侯といった自然と寄り添った生活に関する言葉があります。そのような季節の移ろいを感じながら、少しでも日々の生活を楽しめたらと思います。

小寒

正月の松の内が過ぎた頃ですが、冬の寒さはこれからが本格化してきます。旧暦では12月の師走にあたり晩冬になります。二十三節気となります。

現在の1月5日から1月19日頃にあたります(暦により前後することがあります)

これからが本格的な冬の寒さが続く頃となってきます。庭の水が凍っていたり、雪の降る日が増えたりしてきます。また、正月の後の行事もたくさんあり、新年のにぎわいの余韻が続く頃でもあります。

小寒の七十二侯

芹乃栄

せりさかう。六十七侯にあたります。小寒の初侯。

期間

1月5日から1月9日。

侯の意味

寒さが厳しくなる中で、冷たい水が流れる沢で芹が生い茂っていく頃。

水泉動

すいせんうごく。六十八侯にあたります。小寒の次侯。

期間

1月10日から1月14日。

侯の意味

地面の中で凍っていた泉の水が動き始める頃。

雉始雊

きじはじめてなく。六十九侯。小寒の末侯。

期間

1月15日から1月19日。

侯の意味

雉のオスがメスを求めて鳴き始める頃。繁殖活動を始める春が近づいている。

小寒の行事

七草粥

七草粥を食べる1月7日は、人日の節句とされます。春の七草(セリ・ナズナ・ハコベラ・ゴギョウ・スズシロ・スズナ・ホトケノザ)を入れたお粥を食べると邪気を払い万病に効果があるという言い伝えがあります。また、お節料理で疲れた胃を休ませ野菜を摂ることで栄養補給をするという側面もあります。七草は、本来は野原に生えているものを摘んで食べられる食材でしたが、現在はスーパーなのでもセットになって売られています。

鏡開き

お正月に飾っていた鏡餅を下げて、食べやすい大きさにしていくことですが、歳神様にお供えをして餅には神様が宿っていると考えられるので、切るや割るなどの言葉を使わずに開くと表現されます。鏡開きの日は、地方によって異なりますが一般的には1月11日とされることが多いです。神様が宿っている餅を食べることで身体に神様を取り入れるという考えや、固い餅を食べることで歯固めをして長寿を願うという考えが込められています。

初釜

新年最初のお茶会や茶の稽古始めを初釜といいます。新年の挨拶が終わった10日前後に客人を呼んで、元日に酌んだ若水で湯を沸かしお茶を振舞います。

成人式

その年度に20歳を迎える若者の成人を祝う儀式。2000年以降は、1月の第二月曜日が「成人の日」の祝日と定められている。2022年から法律上の成人は18歳とされたので、「成人式」という呼称ではなく「20歳(はたち)の集い」という呼称で各自治体ごとに儀式が行われるようになってきている。古くは15歳を成人として、それを祝う「元服」の儀式が1月15日に行われていた。

小正月

旧暦の1月15日は新年初めての満月の日であり、この日を正月に対して小正月として祝われた。正月疲れを癒したり、農作業道具や職人の道具を手入れして奉納し、一年の豊作や繁盛を祈念したり、成人を祝う元服が行われたりした。小正月には、小豆を入れた小豆粥を食べて一年の健康と厄除けを願った。

とんど焼き・左義長

正月の注連飾りや門松、書初めや古いお札などを神社の境内や田んぼで炊き上げる行事。小正月である1月15日に行われる。この煙に乗って歳神様が帰られると考えられ、また、この火で焼いた餅を食べたり煙を浴びることで一年が健康に過ごせるとも考えられている。地域によって、「とんど焼き」「どんど焼き」「左義長」などと呼び名は異なる。もとは、宮中で行われた陰陽道の悪魔払いの儀式とされる。

小寒の祭り

十日戎

戎を祀る神社で行われる新年初の祭り。関西の戎神社で盛ん。9日・10日・11日の3日間で行われ、9日を宵えびす、10日を本えびす、11日を残り福と呼ぶ。参拝者は、福笹に小判・鯛・俵・小槌などの縁起物を授かり一年間の商売繁盛を祈念する。大阪の今宮戎神社や兵庫県の西宮神社の祭りが有名である。

小寒の頃の生き物・食べ物

食べ物

春の七草

  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • スズナ
  • スズシロ
  • ホトケノザ

小寒の頃のことば

  • 寒の入り・・・小寒を迎える頃から本格的な寒さがやってきます。このことを寒の入りといいます。また、寒中見舞いの挨拶を出し始める頃でもあります。

小寒の頃に使える時候の挨拶

  • 本格的な冬の到来を迎え、
  • 早いもので松の内も空けて、
  • おだやかな初春を家族でお迎えのことと存じます。
タイトルとURLをコピーしました