当サイトは記事内に広告を含む場合があります。

自宅で親子でできる野球バッティング自主練習

身体に関して・野球トレーニング

子どもが野球チームに入っているお父さんやお母さんはチーム練習以外でも自宅で個人練習ができたらとお考えの方も多いと思います。特に、自宅でバッティング練習ができるいい方法はないかとお悩みではないでしょうか。

自宅でできるバッティング練習をいくつか紹介していきたいと思います。

” target=”_blank” rel=”noreferrer noopener”>室内練習場のお問い合わせ

自宅の庭・ガレージでできるバッティング練習

自宅の庭やガレージで練習するスペースがあるならネットを張ってトスバッティングが可能です。

トスしてくれる人がいる時

ボールを使ったトスバッティング

軟式ボール、硬式ボールそれぞれ自分がやっている野球のボールを使ってトスをしてもらったボールを打つ練習。

ボールはたくさんあった方がいい

ボールが少ないとボールを回収する回数が増えてしまい練習の効率が悪くなるので、できるだけ多くのボールを用意しておいた方が一度にまとまった数のボールを打つことができます。

ボールは、新品の必要はないので、ネットで中古のボールを購入したり、近所のバッティングセンターなどでボールの入れ替えをするタイミングで古いボールを安く譲ってもらうなどするといいでしょう。

サンドボールを使ったトスバッティング

軟式ボール、硬式ボールの代わりに重たいサンドボールを使ってトスをしてもらって打つ練習。重たいボールを打つので力が必要。パンチ力をつけたり、体幹を鍛えることもできる。

サンドボールを使った練習について

シャトルを使ったトスバッティング

ボールの代わりにバドミントンのシャトルを使ってトスバッティングをする。ボールに比べて打つ部分(シャトルのヘッド)が小さいのでミート力が養えます。

シャトルを使った練習について

お母さん向け当たっても痛くないボール

お母さんがお子さんのトスバッティングのボールをトスすることも多いと思います。女性にとって打球が自分の所に飛んでこないか不安で、トスをするどころではないという方も多いでしょう。

そこで、仮に当たっても痛くないボールを使うと安心してトスをすることができると思います。

スポンジボール
発泡スチロールボール
穴あきボール

ボールやシャトルが無い場合

ボールやシャトルが無い場合、新聞紙などの紙を丸めてボールにしてしまう方法があります。新聞紙を丸めて、できれば補強のためにガムテープや布テープを巻いておくと丸めた紙が広がってきたりボロボロになるのを防げます。

ボールを打つよりも手ごたえがなく物足りなく感じますが、しっかりとボールをバットでとらえる(ミートする)練習にはなりますから、数をこなすことによりミート力やバットコントロールなどの打撃力は養えます。

トスをしてもらえる人がいない時

ボール置きスタンドを使った練習(置きティー)

ボール置きスタンドに置いたボールを打つ練習。トスをしてくれる人がいなくても一人で練習ができます。ボールを置いたスタンドに対して立つ位置を変えたり、スタンドの高さを変えることにより様々なコースを想定したボールを打つ練習ができる利点があります。

最近は、斜め前からトスをしてもらうトスバッティングは実践的ではない(投手が投げたボールの軌道と異なる)という考えも言われるようになってきました。そこで、止まっているボールながら、あらかじめミートポイントに固定したボールに対して正しいバットスイングの軌道でボールを打つ練習が取り入れられるようになってきました。自分で様々なコースや高低などのポイントにボールの置く場所を自由に変えることにより、より効果的なバッティング練習が可能といえます。

2種類の置きティースタンド

ボールを乗せるタイプ

話題のSAKUGOEについて

ボールを上から吊るすタイプ

二つのスタンドの違いは

バッティングではボールの中心線やや下を打つのが理想と言われています。置くタイプの置きティーの場合、ボールのやや下を狙って打とうとするとボールを置く台にバットが入ってしまうことが多々起こります。

その対策として、最近はボールを吊るすタイプで練習することが多くなりつつあります。この場合ですと、ボールのやや下を打とうとして下過ぎるところをバットが通過すると空振りか擦る当たりになってしまいます。きちんとバットが入るとまともにボールが飛びます。

トスマシンを使ったティーバッティング

トスを誰かにしてもらう代わりに、ボールやシャトルをトスしてくれる自動マシンを使うと一人でトスされたボールを打つことが可能になります。

ボール用、シャトル用にいくつかのマシンが発売されています。

自宅でのバッティング練習には防球ネットが必要不可欠です

自宅でのバッティング練習でのネットについては、こちらで詳しく解説をしています。

野球バットの選び方

タイトルとURLをコピーしました