当サイトは記事内に広告を含む場合があります。

自宅の庭で野球打撃練習用のおすすめの防球バッティングネット

身体に関して・野球トレーニング

野球チームに所属していると、自宅でも自主練習としてバッティング練習をしたくなると思います。

ただ素振りをしているだけでは物足りない、ボールを打ちたいとなってくるとトスバッティングや置きティーのような練習になってきます。その場合に必要になってくるのがネットです。

簡易的な組み立て式のネットから据え置き型のネット、あるいは支柱を使って固定するネットまで、各家庭の庭やガレージの状況によって変わってくると思いますが、いくつかのパターンを紹介していきます。

自宅でバッティング練習をしてライバルに差をつけよう

“>室内練習場のお問い合わせ

手軽な組み立て式バッティングネット

置き場所を取らず、使う時だけ組み立てて使用できる手軽なネット。もちろん、置き場所に困らないのであれば組み立てたまま置いておくと組み立てる手間が省け便利です。

メリットとデメリット

メリット

  • 使わない時は仕舞っておけるので置き場所に困らない。
  • 比較的、安価。
  • 室内でも使用できる。
  • 持ち運びが可能なので、別の場所でも使用可能。

デメリット

  • 使う度に組み立てる手間がある。また、片付ける手間もある。
  • 安定感が弱く、ネットの強度も弱い。硬式ボールは不向き。
  • ネットが小さめなので打球がネット外に飛ぶと危険。

手軽なのはいいですが、最大の問題点は打球がネットに入らない場合。野球を始めたばかりで打球が安定しない場合や、野球経験が長くても打ち損なうと打球はあらぬ方向に飛んでしまいます。この点が、やはりネックになると思います。

据え置き型のティー用バッティングネット

いわゆる野球チームなどがグランドで使っているトスバッティング用のネットです。常に置いておける場所に困らないならば、組み立てる手間がいらず、多少の移動ならば二人で運べるので便利です。

メリットとデメリット

メリット

  • 組み立てや片付けの手間がいらない。
  • 安定感があり、頑丈なので軟式ボール、硬式ボールを問わずに使用できる。

デメリット

  • 打ち損なうと打球がネットからはみ出す恐れがある。
  • 多少、高価になってしまう。

一般的に野球練習に使用されるように、特にデメリットはありません。置き場所に困らないのであれば多少高価ですが、こちらのネットの方が安心感があります。ただ、初心者の場合は打球がはみ出す可能性は高いですし、経験者でもたまに打ち損なうと打球がはみ出す恐れはあります。

カーポートの柱などを利用してネットをカーテン式に固定する

自宅にカーポートがあるなら、これが一番便利

組み立て式のネットにしても、据え置き型のネットにしても打球がはみ出してしまうという恐れがあります。その解決策として、カーポートがある家の場合、カーポートの柱を利用してネットを張るという方法があります。張りっぱなしにしておくと邪魔になったりするので、柱と柱をワイヤーで結び、ネットをカーテン式にすると便利になります。使わない時は、カーテンのようにまとめておいて、使う時だけ広げるだけ。ネットの面積も広いので、はみ出す心配もなくなります。

我が家は、このような感じです。

天井部分にもネットを張っておくと屋根を保護できます。

ネットの下は重めのチェーンを這わしておくとネットの浮き上がりを防げます。

ネットのサイズを自由に選べるショップで買うのが便利

ご自宅のカーポートのサイズや向きに合わせて、どのようにネットを張ったら安全かつ良いか考えて張るといいと思います。大きめのネットを買って、自分で合うサイズに加工するのは大変な作業になります。できれば、ネットのサイズも縦横の長さが自由に選んで購入できるお店で購入するのがおすすめです。その時の注意点として、縦の長さは高さと同じ長さよりも50㎝ほど長い目にして地面に垂らしておいた方がめくれることもなくボールが出ることもなく安心できます。

ネットの強度も重要になってきます。細かったりすると耐久性が悪く、破れてしまう可能性があります。特に硬式ボールを使用する場合は、最低でも440T/60本以上の強度の方が安心です。

ゴルフ練習用の的を張っておくとピッチング練習も可能

ネットに直接打つと、長年使っているうちにネットがボールとの摩擦で劣化してきて切れてしまう可能性があります。ゴルフ練習用の的を張って使うとボールが直接ネットに当たらないので劣化を防げます。的は4隅をカラナビで留めるだけで大丈夫です。

また、バッティング練習だけでなくピッチング練習で的に向かって投球練習もできます。ピッチング練習をする場合は、簡易式のマウンドがあると、より実践的な練習も可能です。

あると便利なバッティング用マット

バッティング練習をする場所の足場がしっかりしていると無くても問題ありませんが、足場が悪かったり凸凹している場所ならば、あると役に立つのがマットです。バッターボックスとホームベースがついた物や、単なるマットだけの物などあります。

野球バットの選び方

このような便利な鳥かご式バッティングネットもあります

持ち運び可能な鳥かごネット

庭が広くて余裕があるなら張りっぱなしも可能ですし、少し手間はかかりますが使う時だけ組み立てて簡易的な鳥かごネットとして使用できます。

グランドで練習しているチームも、チームに一つもっておくと、いつものグランドや遠征にも持ち運びをして使用もできます。

持ち運びが可能な組み立て式バッティング練習用鳥かごネット

タイトルとURLをコピーしました